新聞
 

看板上で“五糧液”商標があり、商家が権利侵害罪によって7万を判決されたーー転載
发表于:2014-3-11 18:01:27

発表期日:2013/5/27 9:09:19
 
深せんのある商家が自分の店舗の看板の上で、“五糧液”のロゴを使って、五糧液会社は商家の行為が登録商標特許権を侵害したと考えている。だから、裁判所に商家のことを提訴して、それに、20万元の賠償を請求した。深せん羅湖裁判所の審理により、商家が特許権の侵害行為となる、一回目の審理判決により、商家はすぐ侵害行為を止まり、且つ五糧液会社に7万元を賠償すべき。法官からの忠告:商品経営者は自分の法律意識を高め、許可なし登録商標を勝手に使ってはいけない、看板上の宣伝内容も含む。
五糧液:商家が登録商標を勝手に使う
五糧液会社は、四川省宜賓五糧液集団株式会社は“五糧液”系列登録商標の所有人であり、法により登録商標に特許権を持っている、他人が使用すれば、当事者の許可あるいは授権を得てはなければならないと表している。2010年9月、“五糧液”ブランドの価値はもう526.16億元に達する。
2011年、四川省宜賓五糧液集団株式会社は独占許可と普通許可の方式で五糧液会社に登録商標特許権を与えて、それに、五糧液会社は中国境界内で登録商標特許権を侵害するという行為に自分の名義で民事訴訟を提出することになっていると明確に声明した。
2012年7月、五糧液会社は深せんの商家が自分の看板上で“五糧液”文字とロゴを勝手に使うことを発見した、証拠を守るために公証部門に申請した。五糧液会社は、商家は許可あるいは授権なし、看板上で五糧液”登録商標を使用して、“五糧液”商標特許権を侵害したと考えている。だから、裁判所に商家を提訴した、商家が侵害行為を止めて、新聞で謝ることを公に発表し、弁護士の費用を含みの経済損失20万元も賠償するという判決結果を請求した。
商家:実は五糧液のことを宣伝した 
羊城夕刊の記者は、被告者商家は2009年成立した個人独資企業であり、登録の経営範囲は有効食品の流通許可証に従って、包装食品を卸売するということに理解した。最初、自分の販売商品の中に“五糧液”など酒類製品があって、お客さんが一目でわかってくれために、商品販売量を拡大するために、商家は“五糧液”文字及びにロゴで自分の看板上の宣伝となっている。
商家からみれば、ただ自分で“五糧液”ブランド商品を生産、販売しないなら、看板上で“五糧液”登録商標を使用していたという行為は“五糧液” 登録商標特許権を侵害しなかった。“それに、看板上で“五糧液”登録商標を使用し、客観的に五糧液会社に商品宣伝を手伝う。”商家は五糧液会社に宣伝費用を受け取らない、逆に五糧液会社はかえって自分が特許権を侵害することを提訴し、情理違反だと表します。
裁判所:商家は商標特許権を侵害した
羅湖裁判所は審理した後、商家が自分の店舗の看板の上で、“五糧液”のロゴを使って、商家の行為が登録商標特許権を侵害するかどうかという問題は本件の言い争う焦点だと考えている。商標法により、“商標法と本条例の商標の使用というのは、商品、商品包装や容器及び商品取引文書の中にて商標を使い、あるいは広告宣伝、展覧及びほかの商業イベントで商標を使う。”商家は許可あるいは授権なし、看板上で五糧液登録商標は商業活動に従事して、商標は広告宣伝の状態に属し、勝手に使用するので、五糧液会社の登録商標特許権を侵害し、対応法律責任を担当すべきである。
羅湖裁判所の一回目の審理判決により、商家は案件に関わる五糧液会社の二つ登録商標特許権の侵害行為を止めて、五糧液会社に7万元を賠償し、五糧液会社のほか訴訟請求を却下する。
羊城夕刊の記者は、両方とも今回の判決結果に対して上訴しなかった、該判決が有効を発したということを分かっていた。
 
資料提供:羊城夕刊
新闻来源:http://news.k8008.com/html/201305/news_5540082_1.html

Updated at 01 October 2010 © 2005 Junction IP Consulting Ltd