新聞
 

企業海外貿易 知的財産権保護を忘れずー転載
发表于:2014-3-11 18:02:26

                                                    発表期日:2013/6/9 16:26:45
摘要:知的財産権が持てるの企業が増えるに伴って、近年来、時々国内純正品の海外市場の位置が模倣品に奪われている実例が出現している。市場を蝕む模倣品はどうやって止められる?やはり企業の自我保護の意識を高めるにより、自発的に出撃しておく。この間、蘇州工業園区での知財産権税関保護週の活動現場で、当地の民営企業の責任者の自身説法が共鳴を引き起こされた。
 “外観からみれば、これらの模倣品はわれわれの純正品と比べて、ほとんど差がないですが、価格が純正品のより半額ですよ。これのせいで、われわれの海外市場シェアは急に下落してしまった。われわれの深刻教訓は、国外に踏み出し、絶対に知的財産権というような“保護傘”をさす。”こちらの責任者は税関知的財産権の登録が運用できるということをそれぞれの企業に呼びかけた。
この企業の経歴はある程度の代表性を備えている、数年の開発により、製品は次々に海外市場を開けていた、自主ブランド品を創建し、且つ国外に踏み出し、会社の輸出総額はずっと上がっている。しかし、幾つかの時間を経って、会社の駐在員は続々と数多くの自社製品の模倣品を発見した。由来地を調査して、幾つかの国内商家は彼らの製品を模倣するだけでなく、国外に真偽製品を勝負したということも発見された。
 仕方なく、企業は税関に頼んで、税関の審査により、企業商標がまだ税関知的財産権保護の登録を行わなかったことが発見された。税関からの指摘と協力の上で、会社は知的財産権の登録を順調に出来上がった。しばらくして、税関は登録状況により、海外市場の相関権利侵害案件を取り締まった。
事実上、知的財産権が持てるの企業が増えるに伴って、近年来、時々国内純正品の海外市場の位置が模倣品に奪われている実例が出現している。市場を蝕む模倣品はどうやって止められる?やはり企業の自我保護の意識を高めるにより、自発的に出撃しておく。蘇州工業園区の税関知的財産権保護の担当者の姜艶秋副課長は、知的財産権は本質からみれば、公民の“私権利”です、権利者が保護を申請するこそ、国家機関は参与する権利があると言った。
目前、知的財産権の権利人は税関に保護を申請する方法が二つがある:
一つの方法は税関に知的財産権保護の登録を申請し、有効期間は10年に達する、期間に税関は輸出入商品が登録したの知的財産権を侵害することを発見さえすれば、自発的に権利者と連絡し、知的財産権保護システムを開始する。
 另一种方式是权利人向海关提供准确的侵权嫌疑货物的出口日期、口岸、船次号等详细的线索,海关也可以启动知识产权保护程序,对相关货物进行查扣等处理。
もう一つの方法は権利者は税関に的確的な権利侵害疑義がある貨物の輸出期日、開港地、船便などの詳しい手がかりを提供し、そして、税関も知的財産権保護措置を実施し、関連貨物に差押えなど処理を行われる。
総合から見れば、第一の方式を採用したら、企業にとって、便利だけでなく、保護効率も高い。しかし、申請プロセスが複雑ではなくても、企業はこれに十分に熱心でない。蘇州工業園区の税関副関長の銭定邦は一言で喝破して“われわれの国家産業の向上につれて、少なくない優れた品質で自主ブランド品を大量に出現している。これらのブランド品は往々にして、自発的に商標局に登録を行くのですが、輸出入部分の保護を無視する。”
 だから、海外市場に奮闘しているの国内企業、特に自主ブランド品を持ている企業に、税関が法により自発的に保護してくれるために、直ちに知的財産権保護の登録を行うということを呼びかける。
 
資料提供: 浙江ニュースウェブサイト
ニュース由来地:科易ウェブサイト

Updated at 01 October 2010 © 2005 Junction IP Consulting Ltd